こんにちは
本日はピロリ菌のお話です
一度は耳に したことはあるけれど、
どういうものなのかご存知ない方も多いのではないでしょうか。

ピロリ菌とは胃の粘膜に生息している細菌です。
胃には強い酸(胃酸)があるのですが、
ピロリ菌は『ウレアーゼ』という酵素を利用し、生息することを可能としています。
胃酸にも負けない菌ということですね

このピロリ菌に感染すると胃に炎症が起こることが確認されており
胃炎や胃潰瘍などの病気を引き起こす原因となります。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍の患者さんは、ピロリ菌に感染していることが多く、
潰瘍の発症ならびに再発に関係していることがわかっているようです。

胃の不調が続く場合、ピロリ菌による可能性もあるようです。

簡単な説明になりましたが、胃の症状でお困りの方は診察でご相談を